読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食べ歩き

5月22日に、仙台市青葉区のパイ・アット・テンダーバーへ行きました。国分町のメインストリート、国分町通りにあるバーです。 店主はパイ作りを本場アメリカで学んだそうです。お兄様が経営するテンダーバーで、毎週金土日の午後に「Pie at Tender Bar」名義で手づくりアメリカンパイを提供しています。 この日は、食事系ポケットパイが4種類、デザート系パイが2種類ありました。食事系ポケットパイにはピクルスが付きます。 コーヒーは、市内のSPARK COFFEE ROASTERSの豆を使用。 ドライトマト、ほうれん草&チーズ500円 さくさく・ほろほろのパイ生地に、熱々ほうれん草がぎっしり。チーズの塩分と旨味、ドライトマトの酸味が絶妙にマッチして極まいうー。 タコスミートポケットパイ500円 生地の甘味とタコスミートの旨味が一体となって、癖になる美味しさ。ビールが飲みたくなります。 クラシックチキンポケットパイ500円 あっさりジューシーなチキンがたっぷり。お子様にも好評でした。 ブルーベリーパイ ア・ラ・モード600円 熱々さくさくのパイに、大粒ブルーベリーたっぷりで実に美味。アイスクリームがブルーベリーパイの美味しさを引き立てています。 ストロベリー ルバーブパイ600円 独特な酸味のルバーブと、甘酸っぱいイチゴのパイ。ホイップクリームもたっぷりで悶絶美味。ホットコーヒー400円との相性も抜群です。 パイメニューは定期的に変わるようです。カフェタイムは金土日13:00~17:00、バータイム(17:00~)もパイを味わえるようなので、バータイムにも訪問してみたいです。店内はカウンター席のみです。